祇園の町家に片泊り

    

祇園の町家祇園金瓢

TEL/075-708-5143




ずいき祭 【北野天満宮】

実りの秋にふさわしい五穀豊穣を喜び感謝する祭です。大小2基の御輿の屋根はすべて「ずいき(里芋の茎)」でつくられています。(ずいき御輿の巡行は4日のみ) ◆御旅所(10月1〜4日)市バス26「北野中学前」

交通 市バス 北野天満宮下車
連絡先 075(461)0005

吉祥院天満宮例祭 【吉祥院天満宮】

神前に柿を供える柿御供(かきのごく)は10時頃。例祭では剣の舞が奉納され、湯立神楽、吉祥天特別御開帳、奉納された火焚串を焚き上げる火焚神事と続きます。
交通 JR 西大路駅下車 徒歩約15分 市バス 吉祥院天満宮前下車 徒歩約3分
連絡先 075-691-5303

二十日ゑびす大祭(ゑびす講) 【恵美須神社】

平成30年10月19日(金)〜20日(土) 8時30分開門〜〜
福笹や縁起物が授与され、次年度の絵馬や暦の授与もこの日から始まります。 福笹授与(3,000円〜)
交通 京阪電車 祇園四条下車 徒歩約6分市バス 四条京阪前下車 徒歩約6分 阪急電車 河原町下車 徒歩約8分
連絡先 075-525-0005

時代祭

平成30年10月22日(月) 雨天順延 御所出発12時
秋の都大路に繰り広げられる一大ページェント。行列は《激動の幕末》から始まります。鼓笛を響かせ整然と行進する維新勤王隊列を先頭に、江戸、安土桃山、吉野、室町、鎌倉、藤原、延暦の各時代の人物が彩りを添えつつ華やかなパレードを繰り広げる「時代祭」は、京都三大祭の一つです。 総勢2,000名(馬70頭、牛2頭、馬車、牛車なども含み)、総延長2キロにわたる行列の巡行は約2時間にも及ぶ一大歴史風俗絵巻。いながらにして日本の歴史が偲ばれ、その華やかさに魅了されます。 時代祭の行列の見学には、出発場所の京都御苑と御池通、平安神宮道に設けられる有料観覧席をおすすめいたします。
●巡行コース
京都御所出発12時→烏丸御池12時50分→平安神宮着14時30分
総延長2キロの行列は12時に御所を出発。丸太町通を西へ、烏丸通から御池通に至り、河原町通、三条通を経て、神宮道に入り、平安神宮へ到達します。沿道ではどこでも行列を見学できますが、ゆっくりと観賞できる観覧席が、京都御苑、御池通、平安神宮道に設けられます。

抜穂祭 【伏見稲荷大社】

平成30年10月25日(木) 11時〜
豊かに稔った稲穂を刈り取るお祭りです。神楽女により「稲穂舞」が舞われる中、抜穂の儀が行われます。
交通 JR 稲荷駅下車すぐ 市バス 稲荷大社前下車 徒歩約7分 京阪電車 伏見稲荷駅下車 徒歩約5分
連絡先 075-641-7331

ご予約・お問合せ

TEL:075-708-5143 京都市東山区古門前三吉町335    Copyright 2007(C)Amatelous Inc.