祇園の町家に片泊り

    

祇園の町家祇園金瓢

TEL/075-708-5143




※新型コロナウイルスの影響により開催情報が変更になる場合がございます。

風祭り・梶の葉祈願
【千本ゑんま堂】

期間 2020年07月01日(水)〜2020年07月15日(水)
18:30〜20:30(要予約)
風鈴の音色に涼を感じながら、ゑんま様の前で梶の葉祈願
千本ゑんま堂の開基小野篁が風となってこの世と冥界を行き来した伝説にちなむ行事。ライトアップされた本尊・ゑんま法王の前で、願いを書いた梶の葉の祈願が行われ、終わると葉を本堂の前に吊るす。小野篁像なども間近で拝観できる。境内には数々の風鈴が吊るされ、涼やかな音色のなか、聞香(もんこう)体験もできる。

場所 千本ゑんま堂(引接寺)
交通 市バス206「千本鞍馬口」
連絡先 075-462-3332

高台寺七夕会/夜間特別拝観
【高台寺】

期間 2020年7月4日(土)〜2020年7月5日(日)
17:00〜21:30(受付終了)
寺の前に揺れる笹飾り。17時から境内はライトアップされ、一気にムードが高まる
開催期間中は寺の前に笹飾りが揺れる。門前の西側には市内を一望できる絶好のスポットがあり、境内がライトアップされる。日没後は夕涼みにぴったり。また同日、願い事を書いた短冊の祈祷もついた「七夕茶会」も開催される。

場所 高台寺
交通 市バス206「東山安井」
連絡先 075-561-9966

精大明神(せいだいみょうじん)例祭「七夕祭」
【白峯神宮】

期間 2020年07月07日(火)
祭典13:30、蹴鞠奉納14:00、小町をどり奉納奉告祭16:00
平安装束での蹴鞠や、元禄時代さながらの華やかな装束を身にまとう小町をどりも見られる七夕祭
「七夕祭」祭典では竹若舞楽が奉納され、その後、蹴鞠や小町をどりの奉納がある。小町をどりの踊り手の少女たちは、紫のハチマキに桔梗の銀かんざし、緋の襦袢を片袖ぬぎにした元禄時代さながらの装束で、小太鼓を叩きながら鞠庭中央の七夕飾りの大笹の周りをまわる。

場所 八坂神社
交通 市バス86・100・106・110・206「祇園」
連絡先 075-561-6155

御手洗祭(みたらしさい)
【下鴨神社】

期間 2020年7月中旬(21日前後の数日間)
9:00〜21:00
御手洗池に素足を浸け、献灯して無病息災を祈る
※コロナウイルスの状況により中止の可能性あり 毎年、土用の丑の日の前後、境内の御手洗池の湧き水に足を膝まで浸して献灯し、無病息災を祈る。通称「足つけ神事」。素足で入る水は真夏でも冷たく、気持ちよい。

場所 下鴨神社
交通 市バス4・205「下鴨神社前」
連絡先 075-781-0010

千日詣り
【愛宕神社】

期間 2020年07月23日(木・祝)〜2020年08月01日(土)
※新型コロナウイルスの影響により、7/31〜8/1⇒7/23〜8/1に変更
火伏(ひぶせ)の神様にお参りし、千日分のご利益を賜る京都の夏の風物詩
7月31日夜から翌8月1日未明にかけて、愛宕山頂の愛宕神社に参拝すると千日間の功徳を得るとされる。また、3歳までの子どもが参ると、その子は一生火難から免れる徳を得るといわれ、子ども連れの参拝者も目立つ。参拝へ向かう人と降る人が互いに道を譲り合いながら「おのぼりやす」「おくだりやす」と声を掛け合う。京都の家々では、「火迺要慎」の護符を台所に貼る。
※神符授与は7/23〜8/1の9:00〜16:00

場所 愛宕神社
交通 京都バス72「清滝」から徒歩約2時間
連絡先 075-861-0658

ご予約・お問合せ

TEL:075-708-5143 京都市東山区古門前三吉町335    Copyright 2007(C)Amatelous Inc.