祇園の町家に片泊り

    

祇園の町家祇園金瓢

TEL/075-708-5143




※新型コロナウイルスの影響により開催情報が変更になる場合がございます。

暁天講座
【東福寺】

期間 2020年08月02日(日)〜2020年08月04日(火)
座禅6:00〜、講座6:30〜7:30
早朝の座禅のあとに法話を聞く
例年、大禅堂にて早朝から暁天講座が行われる。6:00から座禅、6:30〜7:30が講座で、3日間、それぞれ違う講師の話が聞ける。

場所 東福寺
交通 JR奈良線「東福寺」
連絡先 075-561-0087

精霊迎え 六道まいり
【六道珍皇寺】

期間 2020年08月07日(金)〜2020年08月10日(月)
6:00〜22:00
高野槙を求め、迎え鐘を撞いて祖先の霊を迎え、供養するとともに亡き人との声なき対話により心を豊かにする
※本年度は新型コロナウイルスの影響により、対象者を制限し、規模を縮小して実施。新盆を迎える方のみ参観可能。
六道珍皇寺のあるこの地は、平安時代は墓所の鳥辺山の麓で、六道の辻と呼ばれて、冥界への入り口と信じられていた。お盆に冥界から帰ってくる祖先の霊は、必ずここを通るとされていたため、8月13日〜16日の盂蘭盆会(うらぼんえ)の前、7日〜10日に精霊(しょうりょう)を迎えるため、京都の人々が六道珍皇寺にお詣りする習慣ができたという。精霊は槙(まき)の葉に乗って帰ってくるとされるため、この期間、高野槙(こうやまき)を売る店が軒を並べる。参詣者は水塔婆に祖先の戒名を書いてもらい、迎え鐘を撞き、水塔婆を地蔵尊宝前に備え、高野槙で水回向する。宗派を超えた京都の古式ゆかしい習慣が今も続く。期間中、松原通りには、20:00頃まで夜店が出て賑わう。

場所 六道珍皇寺
交通 市バス206「清水道」
連絡先 075-561-4129

御手洗川足つけ灯明神事
【北野天満宮】

期間 2019年8月8日(土)、9日(日)、10日(月・祝)、14日(金)、15日(土)、16日(日)
9:00〜20:00
御手洗川を素足で歩き、灯明を捧げる
北野天満宮では、古くから七夕神事を「御手洗祭」として節句行事を行ってきた。また、かつて旧暦の七夕の時期に足を水につけて厄払いする御手洗祭も行われてきた。近年境内を整備して、境内の御手洗川で「足つけ灯明神事」が行われるようになった。絵馬堂で受付をし、清らかな御手洗川の水で邪気を祓い、五色のろうそくに火をつけ、願いを込めて奉納する。水みくじもある。

場所 北野天満宮
交通 市バス50「北野天満宮前」
連絡先 075-461-0005

千日詣り・本堂内々陣特別拝観
【清水寺】

期間 2020年08月09日(日)〜2020年08月16日(日)
9:00〜17:00
御利益が千日分の観音様の千日詣り
1日のお詣りで千日分のご利益があるといわれる観音さまの最大の功徳日。8月14〜16日には、11:00と20:00に法要が営まれる。14日〜16日には千日詣りに併せて宵まいりが実施される。
*本年の「本堂内々陣特別拝観」は、新型コロナウイルス感染症対策のため拝観ルートを一部変更し、献灯は行わない形で実施いたします。

場所 清水寺
交通 市バス100・110・206「五条坂」
連絡先 075-551-1234

嵯峨野六斎念仏踊り
【阿弥陀寺(嵯峨野)】地蔵盆奉納

期間 2020年08月23日(日)
20:00頃〜
嵯峨野阿弥陀寺の地蔵盆に奉納される六斎念仏
嵯峨野六斎念仏は多彩な芸のものが特色となっており、260年以上前から京都市右京区嵯峨野の地に受け継がれてきた。地蔵盆の行事として、嵯峨野六斎念仏保存会による「一山(いっさん)打ち」(念仏曲を、発願から結願まで全曲演じること)の奉納が行われる。毎年8月中旬・下旬に行われる「地蔵盆」は、お地蔵さんを飾り付け、その前で子どもたちが集い遊ぶ京都の夏の風物詩。町内安全や子どもの健全育成を願う伝統的な行事。また、9月第一日曜日には、松尾大社の八朔祭にて六斎念仏を奉納する。


場所 阿弥陀寺(嵯峨野)
交通 京都バス62、66、72、77「有栖川」、市バス11系統「有栖川」、京福電鉄「有栖川」
連絡先 075-881-2316

ご予約・お問合せ

TEL:075-708-5143 京都市東山区古門前三吉町335    Copyright 2007(C)Amatelous Inc.